介護福祉資格情報局

介護福祉士資格情報局へようこそ

当サイトは、介護福祉士の資格取得を目指すあなたに、資格の情報から仕事の内容など、介護福祉士に関する各種の情報を提供していきます。

少子高齢化が進む中で注目を集めている国家試験資格である、この資格。

資格取得を目指すには、まずは何はともあれ情報収集が最重要事項です。

当サイトでこの資格について、しっかりと把握して頂き、効率良く試験に合格する為に役立てて頂ければ幸いです。

介護福祉士に限らず資格取得を目指す道は険しく、厳しい時もありますが、合格するまであきらめず、頑張っていきましょう。

介護福祉士試験の攻略法

介護福祉士を取りたいけど合格できるか不安だ!

勉強するにしてもどのような方法で勉強していけばいいのか分からない!


私はこれまでにこのような悩みを数多く聞いてきました。

介護福祉士試験に限らず、どんな資格試験においても絶対に外してはならないポイントがあります。

それは、取得しようとしている試験の内容をしっかりと把握するということです。

この試験の内容を把握するという事を確実に行えば、驚く程効率よく勉強ができ、最短距離で合格にたどり着くことが出来ます。

あなたは、この試験に合格するという同じ結果を得るのに、最小限の努力で効率よく勉強して合格するのと、趣味の時間や睡眠時間を削ってまでも努力して合格するのと、どちらが良いでしょうか?

最終的に合格することが出来れば、そんな必死の努力も報われますが、もし不合格になってしまった場合、目も当てられません。

そんな、痛い状況に陥らないように、試験の内容をしっかりと把握でき、どのように勉強していけば良いのかが、いとも簡単に分かる方法を今から紹介します。

その方法とは、

通信教育や専門学校、スクールなどが発行している無料の資料を取り寄せて読んでいくということです。

この資格は、とても人気のある資格なのでたくさんの通信教育やスクールが開催されています。

それらの資料を取り寄せて、見比べていって下さい。そうする事で、介護福祉士がどんな資格で、どのようなスケジュールでどれくらい勉強していけば良いのかが分かるようになっています。

それもそのはず、この資料は無料とはいえ、その道のプロの人達がそれぞれの講座内容を確実に伝えるように作成していますので、驚く程充実していますし、そこにはたくさんのノウハウがつめこまれています。

そんな、プロフェッショナルの人達が作成したものを読んで、役に立たないなんて、あまり考えられませんよね。

一般的に、独学で勉強するより通信教育などを利用する方が、合格の可能性は高くなりますので、内容を見てみて気に入れば申し込んでみても良いでしょう。

しかしながら、資料を取り寄せたからといって申し込まなければいけない訳でもありませんし、しつこい勧誘なんかもありませんので、必要で有益な情報だけ入手するという事でも全く問題ない訳です。

下手な参考書よりも、有益で内容の濃い資料が無料でしかもお手軽に入手する事が出来るのですから、試さないのは正直もったいないです。

もし、あなたが少しでも効率良く試験に合格したいとお考えであれば、下記より各社の資料を取り寄せてみて下さい。

出来るだけ多くの資料を見比べることが重要ですので、住所等の入力で20分程度の時間は掛かります。

しかしながら、そんなちょっとした時間と比べると、比較にならない程、この資料を読むことで得られるメリットは大きいものがありますので、下記全ての資料を取り寄せてみて下さい。

まずは行動してみるということが、成功への秘訣です。ここまで読んで頂いたあなたには、ぜひともこの有益な情報を入手して頂き、効率よく介護福祉士に合格出来ると事を願っています。

出来るだけ多くの資料を見ることがとても重要ですので、今すぐ下記全ての無料資料を請求して最短で合格する為の方法を手にしてください。

ニチイ学館

インディビジョン

ライセンスワールド

Nanoテックス

介護福祉士について

少子高齢化が叫ばれはじめて十数年が経ち、日本は超高齢化の時代に突入しています。2015年には、65歳以上の人が総人口に占める割合が約25%にもなると予想されています。

そんな高齢化社会に対応して、寝たきりの高齢者や障害を持った人が安心して受けることができるように、専門家として1987年に制定されたのが介護福祉士という国家資格制度です。

介護とは、身体や精神上の障害によって日常生活を営むうえで支障がある人を対象に、動作・家事・健康管理・社会活動を援助することをいいます。

入浴や排泄、食事、洗面、歩行、着替えなどを直接行なう、中心的な役割を担い、ケアワーカーとも呼ばれます。

具体的な仕事の内容としては、掃除・洗濯・調理などの家事援助、入浴・排泄・着替えなどの身辺介助、薬の管理・病院への付き添いなどの健康管理、余暇活動参加などの社会活動援助などが挙げられます。

このように、単なる技術ばかりでなく、調理、栄養学、心理学、医学一般、福祉などのさまざまな分野の知識も要求されることになり、さらに、高齢者や障害児者が対象であるため、入浴や移動時などでは体力と機敏な動作も要求されるかなりハードな仕事と言えます。

また、家族に対して、助言なども行ないます。

福祉の現場では、さまざまな専門職の人々がチームを組んで役割を担っています。その中で介護福祉士は専門職として、施設と在宅の両分野にわたって仕事をしていきます。

特に在宅に関しては、保険制度の導入による「施設入所から在宅支援へ」という流れの中で今後、より介護福祉士が活躍する場となっていくと言えるでしょう。