介護福祉士試験の受験資格

介護福祉士試験を受験するには法令等により定められた受験資格が必要になります。

受験資格は大きく以下の二つに分けられます。

1.介護等の実務経験が3年以上ある者。
この業務というのは、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある方に対し、入浴・排泄・食事、その他の介護を行ったり、その本人及びその介護者に対して介護に関する指導を行うという業務のことをいいます。
 
なので、介護保健施設やデイサービス、ショートステイなどで働いたことがあったとしても、経理などの仕事をしていたのなら無効です。
 
受験の際には実務経験証明書」が必要です。
ボランティア、学生アルバイト、家族の介護の経験は含まれません。
従事日数・従事期間については、受験申込み時に3年に達していなくても、筆記試験前日分までを算入することができます。この場合には実務経験見込証明書が必要となります。

2.高等学校又は中等教育学校(専攻科及び別科を除く)において、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した者。
現在該当する所定の教科目については以下のとおりです。

・ウィザス高等学校専攻科
・NHK学園高等学校専攻科
・星槎国際高等学校専攻科
・池上学院高等学校専攻科
・英智ウィル学院高等学校専攻科
・自然学園高等学校専攻科