介護保険制度の成り立ち

現在日本の高齢化は非常に速いスピードで進んでいると言われていて、2025年には65歳以上の割合が総人口の14%以上にもなるとも言われています。

寝たきりになったり、介護を必要とする方が増加し、長期化にともない介護する人も高齢となってきたり、その介護者に女性が多かったりと、かなり家族にとっては負担となってくるケースが多いようです。

しかしながら、現在の社会保障制度ではそれをまかなうだけの対応は出来ないと言われています。

その上、長引く不況や経済低成長などで社会保障への高齢者対策、年金、失業問題、医療のニーズはますます高まってきている状態です。

現在の日本で財源不足といわれているなか、介護保険制度は高齢化社会に対応するために新たに制定された社会保険制度となります。

介護保険は、40歳以上の人が加入しなければならない、強制加入保険です。

保険者は各市町村で、被保険者は65歳以上の方(第一号被保険者)と40~64歳の方(第二号被保険者)です。

サービス内容や保険料は各市町村によって異なりますので各市町村の担当部署へご確認ください。