社会福祉士

福祉や介護にかかわる仕事に就きたいと考えているたくさんの人が取得を希望する資格に社会福祉士」という資格があります。

この資格は、厚生労働大臣の指定を受けた(財)社会福祉振興・試験センターが実施する国家試験で、福祉系大学を卒業するほか、社会福祉士一般養成施設を卒業するなどして受験資格を得た人が受験することができます。

受験資格等の詳細は(財)社会福祉振興・試験センターに問い合わせるか、ホームページなどでも確認する事ができます。

社会福祉士は、専門的な知識や技術をもって、身体や精神に障害がある人や生活環境上の理由から日常生活を営むのに支障がある人々に対し、福祉に関する相談に応じたり、助言や指導、その他の援助を行ないます。

社会福祉士というのは、資格であって、職種ではありません。

では、社会福祉士の資格を持った人は、どのような場所でどのような職種として仕事をしているのでしょうか。

公的機関では、市区役所、福祉事務所、児童相談所、身体障害者・知的障害者更生相談所に所属し、ケースワーカーや児童福祉司、身体障害者福祉司などの相談援助職員として仕事にあたっています。

社会福祉施設では、生活相談員、児童指導員、母子指導員などとして働いています。

社会福祉協議会では、福祉活動指導員、福祉活動専門員として、地域住民の福祉に関する相談を受けたり、福祉サービスの企画・実施にあたります。

保健医療機関では、医療ソーシャルワーカーとしての仕事に従事します。また、シルバーサービス産業でも、利用者へのケアの質や提供品の質の向上をめざすために、社会福祉士の専門性が必要とされています。

このように社会福祉士は、福祉分野において広く活躍していますが、社会福祉士に求められるのは資格取得の事実だけでなく、むしろ専門知識と専門技術の土台となる個人、個人の人間性とも言えます。

利用者をひとりの人として尊重し、人は成長するという強い意志を持っていなければいけません。

そうした土台のうえに、技術と専門知識さらに一般教養と職業倫理を持ち合わせた人が、信頼される社会福祉士になれるといえるでしょう。