ケアマネージャー

福祉の資格を取得したいと希望する多くの人が、ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格取得を希望しています。
介護支援専門員は介護保険制度により新しく誕生した専門職で、法律上や役所などの公的文書では介護支援専門員となっていますが、ケアマネージャーと呼ばれる方が一般的です。

ケアマネージャーは、介護保険制度を推進していく上で、要介護者や家族と介護サービスを提供する施設や業者とをつなぐ橋渡し役的な存在であり、その人に合ったサービスを組み立てる、いうならば介護サービスのプランナーといえる仕事です。

具体的な仕事の内容につきましては、
・市町村から委託を受けての訪問調査
・市町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡・調整
・介護サービス計画(ケアプラン)の作成

などが挙げられます。

ケアマネージャーは、介護保険制度に精通し、医療や福祉の面でのさまざまなサービスの内容も理解しておくことが必要となります。

例えばサービス利用料は、要介護度のランクによって異なるわけですが、内容的にも料金的にも満足のいくサービスを受けてもらうためには、常に新しく正しい情報を提供しなければなりません。

また、要介護者の権利の尊重、公平性、中立性、プライバシー保護の姿勢や、倫理観が問われます。
責任が重く、ハードな仕事といえるでしょう。

ケアマネージャーとして働くには、まず実務研修受講試験を受ける必要があり、以下に挙げる医療・保健・福祉分野の資格を一つ取得し、その後実務を5年以上経験してから、この受講試験を受けるのが一般的となっています。
(医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、准看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、精神保健福祉士、柔道整復師、栄養士、管理栄養士)

この受講試験に合格すると、要介護認定や介護サービス計画などに関する演習や実習を含めた実務研修が受けられ、研修を修了してはじめて、ケアマネージャーの資格を取得することになります。

実際の現場では、今の職種を続けながらケアマネージャーとしても働く人、またケアマネージャーとしてのみ業務を行なう人、それぞれです。

兼務すれば仕事量が増え、負担が大きくなりますし、逆にケアマネージャーのみの仕事では、利用者との接点が希薄になりがちという場合もあります。

この資格を取得する人が増える中で、どのような形で資格を利用するのかが今後の課題になりそうです。