介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の仕事の内容は多種多様にわたります。

介護を必要とするお年寄りや障害を持つ方々へのサポートやその一番近くで介護するご家族及び関係者の皆さんへ介護のノウハウなど、介護福祉士の専門的知識から、介護される側の立場に立ち、指導するという 人と人とのコミュニケーション能力が大切な仕事と言えます。

介護福祉士の職場は以下のような場所があります。

・ 各種老人ホーム
・ ディサービス
・ 老人病院
・ 一般病院
・ 在宅介護支援センター
・ 在宅介護支援センターからご利用者宅
・ 介護老人保健施設
・ 身体 知的 児童 精神障害者施設
・ 生活保護関係施設

最近では、介護保険サービス企業及び小中学校など、かなり多岐にわたって活躍の場が広がっています。

介護福祉士の仕事は、介護される人、介護する人に対して、介護の技術的なことはもちろんのこと、精神的なケアもしながら、自立への道、そしてよりよい環境で介護できる、されることを目指して、指導をしていくという非常に重要で、かつ、やりがいのある仕事です。

さらに、障害を持っておられる方が、自立を願ったとき、その人にあった適切で無理のない自立ができるように指導するという役割もあります。