要介護認定とは

要介護認定とは、介護保険制度において、介護サービスの利用に先立って利用者が介護を要する状態であることを公的に認定する事を言います。

一般に、要介護認定は、介護保険法による介護を要する状態を意味する要介護認定と、日常生活に見守りや支援を必要とする状態を意味する要支援認定を総称した、要介護等認定を意味します。

要介護認定の流れとしては、以下のようになります。

要介護認定を受けようとする介護保険被保険者は、市町村(または特別区)に対し、要介護認定申請を行います。

申請を受けた市町村は被保険者宅(あるいは、入院・入所先)に調査員を派遣し、認定調査を行います。

さらに市町村は同時進行で、申請書に指定してある主治医に意見書の作成を依頼し、その訪問調査の結果と、医師意見書によって、要介護認定既存時間の評価がされます。

訪問調査の結果、医師意見書、認定既存時間の一次判定結果を、医師を含む5名以上によって構成される介護認定審査会で判定され、その結果を受けた市町村は、要介護認定の結果を通知し、介護保険被保険者証に要介護認定という結果を記載します。

以上が、要介護認定の一連の流れとなります。