介護福祉士の業務

介護福祉士の行う業務については大まかに、以下の4つに分けられます。

・身体介護
・生活援助
・相談・助言
・社会活動援助

それぞれの内容を詳しく見てみると、

・ 身体介護
食事、排泄、衣服の着脱、入浴、身体の衛生管理などを介助、その他、ベッドから車椅子、トイレなどへの移動、歩行の介助等を行います。

・ 生活援助
家事援助とも言われ、食事、調理等、掃除、洗濯、整理整頓など、日常生活に関わる家事全体を援助します。

また、必要に応じて、外出への同行(買い物、通院等)も行います。

・ 相談・助言
生活や身上、介護に関しての相談に乗り、助言を行います。これは利用者本人だけではなく、介護に関わる家族などへも介護の指導、相談や助言を行います。

・ 社会活動援助
家族や近隣の住民との対人関係の仲介なども、介護福祉士の仕事に含まれています。

特に認知症を発症された高齢者の場合には家族などの理解がとても重要であり、 安全のためにも近隣の住民の方の理解も欠かせません。

以上、介護福祉士の行う業務は大まかな4つの業務に関して紹介しましたが、どの業務においても、利用者の人権、人格を尊重し、利用者の目線に立ち、何が必要か、どうするべきかを常に模索していくことが大切なことと言えます。