介護福祉士について

少子高齢化が叫ばれはじめて十数年が経ち、日本は超高齢化の時代に突入しています。2015年には、65歳以上の人が総人口に占める割合が約25%にもなると予想されています。

そんな高齢化社会に対応して、寝たきりの高齢者や障害を持った人が安心して受けることができるように、専門家として1987年に制定されたのが介護福祉士という国家資格制度です。

介護とは、身体や精神上の障害によって日常生活を営むうえで支障がある人を対象に、動作・家事・健康管理・社会活動を援助することをいいます。

入浴や排泄、食事、洗面、歩行、着替えなどを直接行なう、中心的な役割を担い、ケアワーカーとも呼ばれます。

具体的な仕事の内容としては、掃除・洗濯・調理などの家事援助、入浴・排泄・着替えなどの身辺介助、薬の管理・病院への付き添いなどの健康管理、余暇活動参加などの社会活動援助などが挙げられます。

このように、単なる技術ばかりでなく、調理、栄養学、心理学、医学一般、福祉などのさまざまな分野の知識も要求されることになり、さらに、高齢者や障害児者が対象であるため、入浴や移動時などでは体力と機敏な動作も要求されるかなりハードな仕事と言えます。

また、家族に対して、助言なども行ないます。

福祉の現場では、さまざまな専門職の人々がチームを組んで役割を担っています。その中で介護福祉士は専門職として、施設と在宅の両分野にわたって仕事をしていきます。

特に在宅に関しては、保険制度の導入による「施設入所から在宅支援へ」という流れの中で今後、より介護福祉士が活躍する場となっていくと言えるでしょう。