介護福祉士の難易度

介護福祉士の試験自体は難易度としては、合格率が40~50%程度と合格率だけを見るとそれほど高くありませんが、その試験を受験する為には特定学校を卒業するなどの受験資格が必要になります。

特に筆記試験においては、120問の5肢択一形式といことからも、比較的難易度が低くなっていますが、実技試験で応用的な内容を問われることとなり、難易度は若干高くなっているでしょう。

以上のように、介護福祉士試験の難易度はそれほど高くはなく、しっかりとした目標とやる気をもって取り組めば、合格できる資格と言えるでしょう。